月. 2月 6th, 2023

オンラインカジノは名前のように、インターネットでゲームをプレイするサービスのことです。
スマホアプリなどのと違いは、実際にお金を賭けてゲームをプレイする仕組みで、勝利すれば勝利金が獲得できる点にあります。
その為、正真正銘のギャンブルですから、世界的には許可されている国や地域があるとしても、日本では国内法に抵触する恐れがあるので注意です。

海外に渡航しなくても本場のゲームがプレイできる

オンラインカジノのメリットはやはり、海外に渡航しなくても本場のゲームがプレイできることにあります。
近年は特に、円安傾向で物価高ということもあり、日本人にとって海外旅行は高嶺の花になっています。
飛行機代に宿泊費用と観光、お土産代も嵩みますから、実際に海外に足を運んでゲームをプレイするとなると大変です。
その点、オンラインカジノは飛行機もホテルも不要ですし、観光はできませんがお土産を購入する必要もないです。
つまり純粋にゲームをプレイすることが可能な上に、自宅にいながらでも好きな時に、好きなスタイルでプレイが行えるわけです。
好きな時というのは、例えば週末のプライベートタイムだけでなく、平日のスキマ時間や日中の休憩時間なども含みます。
勿論、日常生活に支障が出るほどのめり込むのはNGですが、気分転換になる程度であれば十分に有用です。
短時間でもサクッとプレイできるのがオンラインの良いところで、オンラインカジノの人気が高まった理由の1つでもあります。

オンラインカジノの歴史

渡航が不要になる分、資金はゲームに回すことができますし、節約しながらコツコツと勝利金を増やすことも可能です。
このように、画面越しではありますが本格的かつ気軽にプレイできるのが魅力で、多くの人達が利用し始めている理由です。
オンラインカジノの歴史は1994年と、今から30年近く前にまで遡ります。
最初のサービスはイギリス連邦の加盟国に位置づけられる、小国のアンティグア・バーブーダに誕生しました。
カジノライセンスを発行する法律や仕組みが作られ、それを切っ掛けにサービスが誕生したり、ライセンス発行を追随する国や地域が増えた形です。
今ではジブラルタルやキュラソー島、カナワケにマルタ共和国と、ライセンス発行を行っている国や地域は多いです。
初期のオンラインカジノは、いわゆるインストールを必要とするパソコン向けのソフトウェアでしたが、後にスマホの普及によりアプリも普及しました。

インストール不要のブラウザで動作するゲームの台頭

近年はスマホの種類の増加やタブレットPCなどの存在により、インストール型のソフトウェアは殆どなくなっています。
代わりに台頭して普及したのが、インストール不要のブラウザで動作するゲームです。
セキュリティ対策の強化もあり、今ではブラウザで気軽にアクセスしてゲームをプレイすることができます。
現在では誰もが安心して本場のゲームが気軽にプレイできるようになっていますが、昔はイメージの悪さもあって、心から安心できたかといえば微妙でした。
しかし現在は既に公平性を保つ、安全なゲームプレイを実現する仕組みが確立されているので、不正が発生するようなことはまずないです。
運営会社は政府から、ゲームを開発するプロバイダは第三者機関から厳しい目が向けられていますから、不正を考えることすら難しいです。
一度ライセンスの停止や剥奪があれば、再び有効なライセンスのもとで運営を行うのは困難になるので、ライセンスが無効になるようなリスクを負うことはないでしょう。

まとめ

ユーザーにとっては、お金だけでなく個人情報を預けることにも少なからず抵抗感を覚えますが、お金も情報管理も徹底しているので安心です。
ギャンブルの性質からして、どこまでも自己責任の4文字はついて回りますが、実績のある大手であればまず安心なのは確かです。

投稿者 sandvinesdi