月. 2月 6th, 2023

オンラインカジノを主催する会社は、自分たちが利益を得るためにハウスエッジというシステムを導入しています。
このシステムをきちんと理解しておかないと、ゲームにする参加者は大きな利益を受けることができなくなってしまいますので、気をつける必要があります。
実際に、オンラインカジノを普通に進めていくためにはそのための資金が必要になります。
ただ、ディーラーなどに任せてゲームの収益だけからカジノを運営していこうと考えると非常に大きな負担となってしまいます。

ハウスエッジについて理解する

リスクが大きすぎてしまいますし、継続的な利益を得ることが難しくなってしまうため、これ以外にも安定した収益を得るために手数料のようなものを収集しています。
カジノでは、これはハウスエッジと言います。
日本では、控除率などという呼び方で定着していますがどちらにしても、ある程度のパーセンテージを設定することによってそこから手数料のようなものを引き抜くことを意味します。
例えば、ハウスエッジで10%が存在する場合にはお金を1000円かけたとしても返ってくる実質的な利益は9000円分しか存在しないということです。
ゲームに参加するその時点から10%の手数料を収集しておくことによって、確実にその分だけの利益をカジノ側が貰えるようにしています。

パーセンテージが高ければ高いほど参加者が勝ちづらい

こういったハウスエッジの仕組みというのは、継続的にカジノを運用する意味で非常に重要です。
公営ギャンブルである日本であってもこの考え方は浸透していて、パーセンテージが高ければ高いほど参加者が勝ちづらいという状態になっています。
注目を集めるべきなのが、このパーセンテージが高いほど参加者側が必ず負けやすい状態になっているという点です。
例えば、日本の場合は公営ギャンブルとして控除率が非常に高い設定になっていますが、20%から25%が当たり前でお金をかけた時点から参加者の利益が80%から75%程度しかないことがわかります。

カジノのハウスエッジはバラバラに設定されている

一方で、カジノの場合はこういったハウスエッジが実はバラバラに設定されているという背景があります。
特定のゲームでは5%程度で設定されているものもあれば、あるゲームでは1%程度しか存在しないなどといったこともあります。
当然ですが、ハウスエッジのパーセンテージが低いものほどゲームでは勝ちやすくなりますし、儲けが大きくなりやすくなるため非常に重要なポイントです。
自分が参加したいと考えているゲームがあったとしても、ハウスエッジが高すぎるとを継続的に参加し続けることによって、必ず大きな負担となります。
ですから、必ずこういった手数料を確認して本当に勝ちやすいゲームであるかどうかということを見ておく必要があります。

オンラインカジノをプレイする上での注意点

オンラインカジノの場合は、特にゲーム数が非常に多いので自分がこれから参加する手数料がどういった状態になっているのかを確認することが大切です。
主催者側の考え方もありますが、どういった国でサービスが提供されているかでも考え方も違います。
オンラインカジノというのはそれが認められている国で行なっていくことになるのですが、提示されるルールはかなり異なります。
そのルールの範囲内で、手数料が大きくなりすぎていないかどうかということも確認しておくことが非常に重要です。
現実的にも、ハウスエッジは低ければ短期的な観点から大きな価値を獲得する可能性も出てきます。
それだけ、相手側に対して支払う手数料が小さくなることを意味しますので、短期的な負担が非常に小さいからです。

まとめ

長期的な観点からも、ゆっくりとゲームに遊びたいと考えている場合に非常に役に立ちます。
安定して楽しめるので、結局ハウスエッジの状態はとても重要であることがわかります。

投稿者 sandvinesdi